English Deutsch Français Italiano Русский Español Português 日本人 Български 中國 한국어 Việt हिन्दी Türk Polski Ελληνικά ಕೆನಡಾದ Dansk Nederlands Suomi Magyar Norvég Svenska Česká Slovenskú
   

BAYLISS-THOMAS, Birmingham, United Kingdom, 1922-1929


他のほとんどの企業と同様に、BAYLISS-THOMASは自転車の生産から始まりました。この分野で非常に有名になった1921年に、彼女は「魅力的な外観と思いやりのある仕上げ」で自動車の生産を開始することを決めました。実際、最初の車は外部からは目立ちませんでした。彼らは木製のスポークホイールと10馬力のシンプレックスコベントリーエンジンを備えていました。しかし、車は非常に丈夫であることが判明したため、BAYLISS-THOMAS-10 / 20HPモデルは1922年のロンドン-エディンバラレースで金メダルを獲得しました。
1923年、プログラムは4気筒1074 cm3のMeadowsオーバーヘッドバルブエンジンを搭載した新しい「9/19 HPポピュラー」モデルで拡大し、1924年に2回の金メダルを獲得しました。その後、さらに2台の車が登場しました。1640および1795 cm3の作業容積を持つ4気筒エンジンを搭載した「12/22 HP」および「13/30 HP」です。
その後、10 / 20HPモデルは、1.4リットルエンジンを搭載した11 / 22HPに置き換えられました。彼女は「F」の指定で知られるようになりました。範囲には、いくつかのダブルスポーツオプションが含まれます。 20代後半、同社は自動車の生産を停止しました。

Hits: 11